ACDSee 写真館 7.1 Mac用

リリースノート

ビルド 7.1.1979

新機能

  • 現像ブラシとグラデーションツール
  • 現像モードのクローンおよび美肌効果ツール

改良点

  • 整理ペインGUIの改善
  • 管理および表示モード内に「画像バスケットに追加」ボタンを追加
  • [現像ツール]ペインに[取り消し]ボタンと[やり直し]ボタンを追加

バグ修正

  • 「一括情報を設定」機能と「ステータス バー」の表示に影響するバグを解決しました。ユーザーがフォルダーパスを選択した際に、結果のフォルダーの場所が表示されませんでした。
  • 選択してマップ上で表示した場合にピンの色が赤になるマップの問題を修正しました。
  • iOSデバイスを閲覧する際に表示される可能性のある不要なダイアログを削除しました。
  • HEICファイルをACDSeeアプリアイコンにドロップできない問題を修正しました。
  • ジオメトリの変更を画像に適用した後、Light EQキャンバスツールが誤ったピクセルをターゲットにする可能性がある問題を修正しました。

既知の問題

  • ファイルの種類が afphoto の場合、[ファイル リスト] ペインにファイルの種類のアイコンがありません。
  • 移動またはコピーのアクションを先に行った場合、一括ツール経由でのメタデータの割り当てができません。
  • ファイルの種類が PNG の場合、ACDSee メタデータの埋め込みに失敗する場合があります。
  • 多くのファイルに ACDSee メタデータを埋め込んだり、GPS や Reverse Geocode 情報を書き込んだりすると、操作開始前に遅延が生じることがあります。
  • EXIF シャッター スピードの値で検索すると誤った結果が返されます。回避策:EXIF 露出時間で検索してください。
  • アプリを別のモニターに移動し、全画面表示が有効になっていると、画像がディスプレイに合わず全画面表示されません
  • アイテムがカタログ化されておらず、ソート方法が EXIF メタデータまたは IPTC メタデータに基づいている場合、ファイル リストのアイテムは名前順に並べ替えされます。
  • 重複検索ツールは、iCloud Drive では動作しません。
  • データベースを開いている場合、データベースの復元またはインポートは開始されません。回避策:そのデータベースを使用しているすべてのアプリを閉じてください。
  • インポート処理中に iOS デバイスの接続を切ると ACDSee がクラッシュします。
  • カメラに保存されている画像はごみ箱に移動できません。
  • カメラに保存されている画像では一括コピーと一括移動は使用できません。
  • PTP(画像転送プロトコル)には対応していません。
  • スポイトを使ってホワイト バランスを設定する時に RGB 値を表示する方法はありません。
  • 読み取り専用 EXIF メタデータの値をクリップボードにコピーすることはできません。
  • BMP、CUR、DDS、EXR、GIF、HDR、ICO、JP2、MEF、PBM、PSD、またはTGAに埋め込まれたACDSeeメタデータを読み取ることはできません。
  • 一括コピーは「サブフォルダ内に保存」オプションが選択された状態で、「日付」トークンが名前に追加され、日付フォーマットにスラッシュ記号(/)が含まれているとハングします。回避策として、システム環境設定 > 言語と地域 > 詳細 > 日付 を選択し、希望する日付フォーマットからスラッシュ記号(/)を削除してください。
  • インポートではLive Photo(ライブフォト)の動画セクションが無視されます。
  • ターゲットがスキャンされていない画像バスケットのアイテムである場合、キーワード/カテゴリの割り当てに失敗する場合があります。
  • ACDSee データベースがロックされていたり読み取り専用の場合、ACDSee は正しく動作しません。
  • ACDSee は同じデータベースに接続する複数のクライアントをサポートしていません。ACDSee の別のインスタンスで既に開いているデータベースに接続しようとしても、ACDSee は応答しません。
  • 空のスマート フォルダが選択されている場合、ステータス バーのカウントが間違っていることがあります。
  • 透かしツールの [中央揃え] ボタンは、画像のサイズが異なる場合、バッチ内にある画像の透かしのすべてが中央に配置されません。
  • サポートされていない画像のプレビュー中に透かしの一括追加を実行しても透かしは適用されません。
  • 選択した画像がオーファンである場合、画像比較のアクティブ表示は空になります。
  • 画像バスケットにアイテムが多いと起動時間に影響する場合があります。
  • 外部エディタ機能はカメラ上の画像をサポートしません。
  • 名前を変更できるコマンド(カテゴリ、一括プリセット、外部エディタなど)に割り当てられたキーボード ショートカットは、コマンドの名前を変更した場合、再度割り当てる必要があります。
  • Spotlightコメントの書き込みが、「ソースファイルが見つかりません」というエラーで失敗します。
  • 画像バスケットへのメディア ファイル(オーディオ、動画ファイルなど)の追加はサポートされていません。
  • 切り取り/貼り付けまたはドラッグ&ドロップの移動操作後はフォルダ ツリーが正しく更新されません。回避策:[表示] > [フォルダ ペインの更新](オプション+コマンド+R)。
  • PSD ファイルはマップに配置できません。
  • 露出またはホワイトバランスを調整し、画像がRAWの場合、クローン/修復効果は一時的にビューから削除されます。
  • クローン/美肌効果ソースポイントの露出がブラシまたはグラデーションで調整されている場合、ターゲットポイントの露出も調整されます。
  • キーワードが階層的である場合、キーワードトークンを[プロパティ]ペインの[キーワード]入力フィールドから検索バーにドラッグしても、一致するアイテムは返されません。回避策:キーワードリストからキーワードをドラッグしてください。
  • ファイル選択にデータベースから除外されたアイテムが含まれている場合(またはアイテムが選択されていない場合)、タグ、重要度、およびラベルのアイコンが[整理]ペインの上部に表示されます。

注記

  • ACDSee の旧バージョンからデータベースをインポートまたは復元する前に、ACDSee メタデータを埋め込むことを強くお勧めします。
  • 旧バージョンのデータベースをインポートする際には、旧バージョンのアプリケーションが閉じていることを確認してください。
  • 旧バージョンのデータベースをインポートすると更新日のタイムスタンプが更新されることがありますが、データベースの実際の内容は変更されません。
  • macOS 10.15以降の環境では、アプリが特定のフォルダや外部ボリュームにあるファイルに直接アクセスする前に許可が必要です。プロンプトが表示されたら、ACDSee のファイル アクセスを許可するか、[システム環境設定] > [セキュリティとプライバシー] > [プライバシー] > [ファイルとフォルダ] に移動し、ACDSee を探し出して該当するボックスをオンにしてください。
  • ファイルの種類が HEIC の場合、ACDSee は元のファイルに関連する非表示のサブフォルダ内にあるサイドカー ファイルにメタデータを書き込みます。
  • 最初の実行時に、データベースのインポートツールは、以前のバージョンのデフォルトデータベースのインポートを提案します。代わりに以前のバージョンで作成したカスタムデータベースをインポートしたい場合は、[データベースのインポート]ダイアログを閉じてから、([ツール]メニューの)[データベースの復元]ツールを使用して、復元するデータベースを選択してください。

システム要件

ソフトウェアの有効化には、有効な電子メール アドレスとインターネット接続が必要です。

ハードウェア

Intel®プロセッサまたはAppleM1チップを搭載したMac
4GB RAM (6GB 推奨)

ソフトウェア

macOS Mojave (10.14)、macOS Catalina (10.15) または macOS Big Sur (11)

ビルド

7.2.2026

日付:2021-04-26
ファイルサイズ:56.1 MB
ダウンロード リリースノート

7.1.1979

日付:2021-03-09
ファイルサイズ:56.2 MB
ダウンロード リリースノート

製品ドキュメント

便利なリンク

30 日間の返金保証

弊社の 30 日間の返金保証では、製品にご満足いただけない場合にご連絡いただけば、ご購入いただいた ACD Systems の製品の全額を返金いたします。