機能比較:Mac用Photo Studioとの機能比較

特徴
ACDSee Photo Studio
for Mac 6

ACDSee 写真館 7
Mac用
さまざまなデジタル アセット管理ツールを備える
画像の欠陥をすばやく修復
編集調整の細部修正
線形グラデーションを使った調整
円形のグラデーションを使った調整
選択的な調整のためのプリセットの作成
キーワードなしのすべてのファイル、ビデオ、まだ埋め込まれていないデータベースデータが追加されたファイルをそれぞれシングルクリックで検索可能
保存された検索にワンクリックでアクセス
メタデータのコピーと貼り付け
キーワード リストのインポート/エクスポートが可能
フォルダペインからiCloudドライブへの直接アクセス
プリセットの作成中の、一括プリセットへのキーボードショートカット割り当て
使用可能なさまざまなキーワードセットを搭載
キーワードとカテゴリのセットが作成可能
GUIのイージーセレクト機能で一度に複数フォルダを表示
GUIのイージーセレクト機能でメタデータフィールドの組み合わせを一挙検索
Affinity Photoの形式である.afphotoをサポート(Affinity Photoのインストールが必要)
ACDSee内からクイックルックでビデオ、オフィスドキュメント、PDFを起動
サムネイルとメタデータの再構築が可能
起動、ブラウジング、スクロール、検索を高速化するためのパフォーマンスの大幅な改善
ファイル名、場所、タイプ、サイズ、変更日または作成日で検索可能
現像モードで画像の全画面表示が可能
PDFサムネイルをサポート
埋め込み保留フラグを介して埋め込まれたメタデータのあるすべてのファイルを簡単に見つけることが可能で、一度にすべてのファイルに埋め込め、埋め込みリマインダーを設定可能
マップペインから画像を検索または配置、画像のドラッグアンドドロップ、対応するIPTCフィールドに位置データを書き込んだりが可能
さまざまな場所から画像を収集して保持し、さらに処理することが可能
重要度、カラーラベル、タグ、カテゴリなどのメタデータでファイルをフィルタリング
450以上のカメラモデルのRAWサポートを備える
一度に最大4つの画像を比較
メタデータを追加または削除すると次の画像に自動的に進む
インポートせず画像にアクセスして編集
デフォルトのエディターを設定など、他のさまざまな画像エディターと連携するようにACDSeeを構成可能
複数のデータベースを作成して切り替え可能
様々な非破壊編集ツールを装備
透かしの一括追加
一括で枠の追加
以前のバージョンのACDSeeからのデータベースのインポート