ACDSee 写真館 2022 プロ

リリースノート

ビルド 15.0.0.1928

ACDSee 写真館 2022 プロは64ビットでのみ使用可能です。

以下のカメラ モデルに対して RAW サポートを追加しました:

  • Canon EOS M50 Mark II
  • Fujifilm GFX 50s II
  • Fujifilm GFX 100S
  • Fujifilm X-A20
  • Fujifilm X-E4
  • Hasselblad CFV II 50C/500
  • Hasselblad H4D
  • Hasselblad H4D-60
  • Hasselblad Lunar
  • Nikon Z fc
  • Olympus PEN E-P7
  • Panasonic DMC-GF8
  • Pentax K-3 Mark III
  • Sony A1
  • Sony A7R IIIA (ILCE-7RM3A)
  • Sony A7R IVA (ILCE-7RM4A)
  • Sony HX95

ACD Systems は、新しいカメラ モデルで RAW ファイルをサポートするための定期的な更新をできるだけ早くリリースするよう努めています。対応 RAW フォーマットの完全なリストをご覧ください。

新機能

  • 人物モード、ポートフォリオ内の人物を識別して管理するためのAI駆動モードで、顔に名前を付けるのがより簡単になります。
  • メディアモード、管理モードで以前に閲覧したフォルダとカタログ化されたフォルダにアクセスするACDSeeの新しいデータベース駆動型ビューにより、超高速で閲覧・フィルタリングできます
  • SVGファイル形式のサポートがACDSee 写真館 2022に追加されました。Windows10と11でのみサポートされます。
  • チャンネル選択、画像の色情報チャネルに基づいて選択を行います。
  • 現像モードで、ピクセルターゲティングを使って、異なる色調、色、肌の色調を選択できます。
  • ピクセルターゲティングにカラーホイールが追加され、画像の色を正確に調整できるようになりました。
  • 放射状グラデーション選択の形状をカスタマイズするために、放射状グラデーションに追加された直角度スライダー。
  • 輝度範囲では、特定の色調、色、肌の色調を選択するための輝度を指定できます。
  • 現像モードの現像ブラシにノイズ低減機能が追加されました。ブラシを当てた部分の画像のノイズを削減することができます。

改良点

  • Canon、Nikon、Pentax、Sonyへの高ISOサポートが追加されました。
  • 選択プレビューボタン、ワンクリックで選択マスクをプレビューします。
  • ノイズ低減の改善。内部機能の新しいアルゴリズム、さらに輝度スライダーとトーンスライダーが加わりより細やかなノイズ削減が可能に。
  • カーブコントロールの改善。曲線ポイントの数値表示により正確な曲線制御が可能に。
  • グラデーションコントロールの改善。線形と放射状のグラデーションのエッジをより細かく制御。
  • 一括名称変更のデフォルトプリセットは、最初のファイルの名前を使用します。
  • 現像モードでFuji X-3 Rawファイルが少し暗く表示される問題を修正しました。
  • ACDSee 2022は、圧縮されたFuji X-S10 RAWファイルをデコード・現像できるようになりました。
  • レンズ補正機能で対応可能なカメラとレンズの数が増えました。

既知の問題

  • アクションブラウザは、ACDSeeの管理モードの1つのインスタンスでのみ呼び出すことができます。
  • モバイルデバイスからWindowsエクスプローラーへのドラッグアンドドロップは機能しませんが、ACDSee内のモバイルデバイスからのドラッグアンドドロップはサポートされています。
  • Windows 7 および 8 において、カメラが USB ケーブルでコンピュータに接続されている場合に、インポート ツールがメディア ファイルを表示できずコピーしない場合があります。この場合、Windows Explorer によってアイテムをこれらのデバイスからコンピュータにコピーするか、カードリーダーを通じてメディアをインポートすることをお奨めします。
  • 透かしは、特定の条件で誤ったプレビューを表示します。
  • Lightroom データベースのインポート後に ACDSee を再起動することをお奨めします。
  • レイアウトをリセットしても、複数の画像バスケットはリセットされません。
  • キーワードフィールドは最大64文字まで入力できます。
  • ビデオをデコードできない場合、ビデオは特別アイテム検索で見つける事はできません。
  • バイト オーダー マークのない UTF-16 ファイルは、キーワード リストとしてインポートできません。
  • 表示モードでファイルを貼り付けると、予期しない結果が生じる場合があります。
  • 365 モードでは複数の画像バスケットはサポートされていません。
  • アクション記録ダイアログを閉じると、次のアクション記録まで非表示になります。
  • カメラデバイスからのインポートまたはカメラデバイスでの参照時に、GPRサムネイルが表示されない場合があります。
  • 「サブフォルダ名を保持する」オプションを使用してネットワーク上の場所から画像をインポートすると、画像が正しくインポートされない場合があります。
  • データベースの変換とデータベースのエクスポート/インポートでは、キーワードとカテゴリのキーボードショートカットは転送されません。

サポート対象外

  • ACDSee は、PSD や TIFF ファイルを編集する際にレイヤーを保持しません。
  • Canon C-RAWはサポートされていません。
  • IPTC メタデータは HEIC ファイルではサポートされていません。

システム要件

ソフトウェアの有効化には、有効な電子メール アドレスとインターネット接続が必要です。

Intel® または AMD プロセッサ 64ビットサポート
Intel i5 以上を推奨
4GB RAM (8GB RAM 推奨)
512 MB ビデオ RAM (VRAM)
DirectX 10 互換グラフィックアダプタ
1280 x 800 ディスプレイ解像度 (1920 x 1080 推奨)
2GB のハードディスクの空き容量

Microsoft® Windows® 7 (SP1)、Windows® 8、Windows® 8.1、Windows® 10 および Windows® 11 (64 ビット版のみ)
Microsoft® Internet Explorer® 9+
Microsoft® DirectX® 10 以上
Windows Media® Player 9.0

ビルド

日付: 2022/04/25

ファイルサイズ: 398MB

ダウンロード リリースノート 変更ログ

日付: 2022/03/28

ファイルサイズ: 398MB

ダウンロード リリースノート 変更ログ

日付: 2022/01/26

ファイルサイズ: 280MB

ダウンロード リリースノート 変更ログ

30 日間の返金保証

弊社の 30 日間の返金保証では、製品にご満足いただけない場合にご連絡いただけば、ご購入いただいた ACD Systems の製品の全額を返金いたします。