===================================
ACDSee 写真館 Mac用
===================================

凡例
+ 新機能
o 機能向上
!! バグ修正

============================================
ビルド 8.0.2419(2022/01/26)


+ ACDSee 写真館 8 Mac用は、パフォーマンスが大幅に向上し、Appleシリコンチップを搭載したMacで、ユニバーサルアプリとしてネイティブに実行されます。

+ ACDSee Mobile Syncアプリを使って、iOSまたはAndroidモバイルデバイスからACDSee 写真館 8 Mac用に写真やビデオをワイヤレスで瞬時に直接送信できます。

+ ACDSeeインデクサーを使用すると、コンピューターがアイドル状態のときにバックグラウンドでアセットのインデックスが作成されるため、ACDSeeデータベースを自動的に最新の状態に保つことができます。

+ フィルムストリップ表示は、管理モードで写真の閲覧および整理中に、写真をフルサイズで表示できます。

+ ナビゲーターを使用すると、表示モードと現像モードで画像を拡大し、すばやく移動して、間近で画像を表示および編集できます。

+ 現像モードのカラーホイールでは、画像内の特定の色範囲への調整を直感的に行えます。灰色の空や鈍い反射を正確に明るくすることができます。

+ 現像モードのトーンホイールを使うと、ハイライトやミッドトーン、シャドウの分割トーンを簡単に処理できます。

+ 現像モードのカラーLUTを使えば、シングルクリックで独自の効果を適用できます。デフォルトで用意されている8種類のカラーLUTから選択するか、または新しいカラーLUTをインポートすれば、可能性が無限に広がります。

+ 現像モードで提供されるかすみ除去ツールは、画像のコントラストや細部、失われた色を復元します。かすみがかった画像を撮影した場合に特に便利です。

+ 現像モードの肌調整機能は、被写体を明るく、滑らかにして、輝きを取り戻すことで肌のトーンを均一にします。

+ 現像モードのカラーEQコントラスト/バランスでは、カラーEQツールの新しいコントラストとコントラストバランス調整を使って、画像のコントラストをさらに操作できます。

o 現像モードのカラーピッカーツールでは、正確に色を選択できるように、ピクセルのRGBカラー値が表示されるようになりました。

o カタログフォルダツールで多数のサブフォルダを含むフォルダをカタログ化する際のパフォーマンスが向上しました。

o 表示モードで画像を閲覧しているときにズームレベルをロックできるように、表示モードにズームロックボタンを追加しました。

o macOS環境にシームレスに適合し、視覚的な一貫性や使いやすさが向上するように改善された最新のGUI。

o WindowsまたはiOSデバイス上のACDSeeで編集され、Mobile Sync経由で送信されたエンコード可能な画像が認識されるようになり、編集内容を元に戻すことやコミットを行えるようになりました。