写真館 2024 究極 の機能

ACDSee 写真館 究極 には、写真の管理、検索、表示、現像、編集に役立つ機能が満載です。これらの機能の詳細については、以下をご覧ください。

整理と検索


新しいAIキーワード

持っているはずの写真がどうしても見つからない...そんな経験はありませんか?手間いらずのAIキーワードを使えば、そんな悩みとはおさらばです。手作業でキーワードを割り当てたり、何千枚もの写真の中から完璧な一枚を探し出したりする手間を省き、これまで以上に素早く写真を検索して見つけることができます。ビーチに行ったときの写真を「ビーチ」と検索するだけで簡単に探したり、ペットの写真を簡単に探したり、料理の写真をまとめて瞬時に共有したり。AIキーワードで、すべての写真を見つけやすくなるため、写真をより大事に扱うことになるでしょう。

キーワード管理

AIキーワードに加えて、ACDSeeには、手動でキーワードを割り当てるプロセスをスピードアップするために、様々な使用可能なサンプルクイックキーワードセットが搭載されています。キーワードリストをエクスポートして、他のユーザーと共有できます。確立されたキーワードリストをインポートすることで、手入力の時間を大幅に節約できます。

評価、タグ、カテゴリ、カスタマイズ可能なカラーラベル、その他のメタデータを追加して、写真をさらに整理できます。

役立つヒント

メタデータを追加すると、ACDSeeが自動的に次の画像に進むので、キーボードから手を離さずにフォルダ全体を整理できます!

顔検出と顔認識

顔検出と顔認識のツールが写真内の人物を検出し、名前を割り当てるため素早く検索できるようになります。ACDSee はどの顔にどの名前を付けるかを即座に学習し、必要に応じて該当しそうな候補の提示を行います。

他のソフトウェアからの移行ですか?

LightroomとPicasaから顔データをインポートして、画像内の全員の名前を変更する手間を省きます。顔認識が、ACDSeeデータベース上で一致する顔を見つけます。 Lightroom™からの移行についてはこちらをご覧ください。

改良人物モード

ポートフォリオ内の人物を識別・管理するためのAI駆動モード。また、AIアシスタントからの一括ラベル付け提案にすばやく同意したり、拒否したりすることで、名前のついていない似たような顔にすばやく名前を付けることができます。人物モードで顔にカーソルを合わせると、管理モードやメディアモードと同じように、画像全体のサムネイルプレビューがポップアップ表示されます。シャッタースピード、レンズメーカー、画像タイプなど、豊富なメタデータオプションから選択して、全体像を把握できます。

高度なAND/OR検索

ACDSeeメタデータ、EXIFおよびIPTCフィールドなど、さまざまな検索条件から選択できます。搭載されている検索ロジック内のAND/OR条件を指定すれば、結果を顕微鏡レベルに絞り込むことができます。

クイック検索

クイック検索を使用して検索すれば、すぐに結果が得られます。さまざまな検索タイプを利用して検索し、結果を微調整します。

新しいカテゴリーとキーワードのフィルタリング

カテゴリとキーワードのフィルタリングを使えば、入力した通りに見つけることができます。探しているカテゴリやキーワードを入力するだけで、フィルタリングされた結果が動的に生成されます。

新しいカテゴリーとキーワードの改善

ACDSeeの最適化によって、大きなキーワードとカテゴリーツリーを必要なだけ深く掘り下げることができるようになりました。カテゴリー検索のパフォーマンスも改善され、より高速になりました!

位置情報

世界中のどこにいても、写真の位置情報を写真に追加できます。いつでも参照できるように、その情報を呼び出して表示できます。マップを使用して、ワークフローを進めるためのファイルグループを選択したり、表示モードで表示する写真を選択したりできます。

パフォーマンス

高速起動、モード切り替え、キーワードとカテゴリの操作、RAWデコード、データベースメンテナンス、ACDSeeを活用することで、手元のタスクに集中できます。

管理とワークフロー


時間節約のヒント!

新しい自動インポートオプション

ACDSee 写真館の最新バージョンへのアップグレードが簡単になりました。ACDSee 2022または2023がインストールされている場合、ACDSee 写真館 2024の初回起動時にオプションが自動的にインポートされます。注意: インポートは同じエディションからのみ可能です。例:究極から究極へ。

メディアモード

ACDSeeのデータベース駆動型のメディアモードを使用して、フォルダを合理化できます。ACDSeeメタデータ、EXIF、IPTCを割り当てたり、読み込んだりするだけでなく、ファイルを自由に組み合わせて並べ替えたり、グループ化したり、フィルタリングしたりできます。

データベース管理

ACDSeeデータベースを好きなだけ作成し、それらをすばやく簡単に切り替えられます。別々のクライアントに別々のデータベースを使用したり、同じマシンで作業している際に仕事とプライベートのファイルを別々に管理したり、確立されたシステムを失うことなく新しいキー記録とラベル付けシステムを試すことができます。

新しい双方向のメタデータ埋め込み

ACDSeeのメタデータとIPTCをシームレスに統合することで、カテゴリとキーワードのメタデータの移行と共有のプロセスを簡素化できます。ACDSeeカテゴリとACDSeeキーワードメタデータを写真に埋め込み、友人や家族と共有できます。受け取った写真のIPTCキーワードとカテゴリデータをACDSeeにインポートすることで、ソースに関係なくシームレスに写真を整理できます。

新しいより高速なメタデータ埋め込み

メタデータの埋め込みダイアログが刷新され、より直感的なレイアウトになりました。

重複ファインダー

さまざまなフォルダやロケーションから重複を見つけます。検出された重複を名前変更または削除して、ファイル コレクションを整理します。

スピーディーヒント!

ワークフローの各段階で利用できるカスタマイズ可能なキーボードショートカットで、ファイル管理プロセスを素早く実行できます。一括機能を使えば、複数のファイルを同時に管理できます。

名前の一括変更

複数のファイルの名前を変更するための動的かつ効率的なプロセス。オプションはほぼ無限大です。

サイズの一括変更

ピクセルまたはパーセンテージに従って、いずれかのエッジに沿って、または印刷サイズとして、複数の画像を任意のサイズに変更したり、複数の画像を任意のサイズに変更します。

一括切り抜きツール

相対ポジショニング機能を使うと、複数の画像を数秒でトリミングできます。

透かし ツール

より正確に透かしを追加します。複数の画像に透かしを適用する場合に特に役立ちます。

クラウドアクセス

Dropbox™ または OneDrive™ を介してチームからファイルを取得したり、管理モードでクラウド同期ルート ドライブに直接アクセスして既存の作業をバックアップできます。

OneDrive™サポート

OneDrive™ファイルを表示または編集する準備ができるまでオンラインにしておき、その後個々のファイルまたはフォルダ全体をダウンロードします。PCからOneDrive™に簡単にファイルを移動し、OneDrive™がローカルコピーを保持するかクラウドにオフロードするかを制御できます。

複数の画像バスケット

ハードドライブ全体から画像とメディア ファイルを収集して保持する画像バスケットを最大 5 つまで作成できます。個々の画像バスケットに名前を付け、コンテンツを簡単に表示、編集、または共有するために利用できます。

外観のカスタマイズ

ACDSee 写真館は完全にカスタマイズ可能です。ワークフローの効率を向上させるために、ペインとツールバーを好きな場所で切り離し、移動、スタック、ドッキング、非表示にすることができます。

表示と共有


新しいカメラRAWのアップデート

700種類を超えるRAWカメラモデルとクライミングをサポートすることで、新しいカメラテクノロジーと機器に追いつくことがACDSeeソフトウェア開発の試金石となりました。 サポート対象のカメラを確認する。

ファイル閲覧

PDF と Microsoft Office™ のドキュメント、さらには複数のタブを持つ Excel™ ファイルのシートをめくります。重要度に基づいてデジタル アセットをランク付けします。必要に応じて破棄とバックアップを行います。

包括的なファイルサポート

最も一般的なファイル形式をすべて包括的にサポートします。透明な .WEBP ファイルやアニメーション .WEBP ファイルを表示したり、GoPro RAW 画像を直接操作してアドベンチャーを完璧にしたり、その他にもいろいろなことができます。 サポートされているファイル形式を見る

役立つヒント

状況依存のオンラインヘルプを使って、必要なヘルプを見つけましょう。ACDSeeで任意の機能を実行しているときにF1を押すと、関連するオンラインヘルプページに移動します。

役立つヒント

ACDSee 写真館 は、HEIF ファイル(画像と画像シーケンス用の高効率メディア コンテナフォーマット)をデコードします。HEIFファイルフォーマットはAppleによって使用されているため、互換性の問題なくACDSee 写真館でiPhoneの画像ファイルを読み込むことができます。

高度なISO感度サポート

200,000を超えるISO感度が、Canon、Nikon、Pentax、Sonyのカメラでサポートされるようになりました。

ACDSee Mobile Sync

モニターのQRコードをスキャンすると、モバイルデバイスからACDSee 写真館に写真やビデオをワイヤレスで瞬時に直接送信できます。このアプリは、iPhoneとAndroidで利用可能です。 詳細はこちら

人工知能(AI)選択ツール


新しい非破壊AIマスキング

現像モードの新しい人工知能(AI)マスキングツールを使って、RAWファイルを含む画像の編集時間を大幅に短縮できます。再設計されたマスキングパネルには、写真の被写体、背景、空を自動的にマスクする新しいオプションがあります。AI空、AI被写体、AI背景を使えば、ワンクリックで空、被写体をすばやく選択し、背景を削除できます。これらのマスクを使用すると、元のファイルを保持したまま、写真の特定の部分を簡単に編集できるため、非破壊で写真の魅力を最大限に引き出すことができます。

新しい現像モードマスクパネル

すべての非破壊選択マスクを1つの便利なパネルで管理できます!選択マスクの複製、変換、コピー&ペーストのオプションが追加され、マスクの整理がより簡単になりました。

役立つヒント

ACDSeeの現像モードは、非破壊編集の一種です。このソフトウェアでは、実際のピクセルを調整して元の画像を変更するのではなく、一連の指示またはパラメータを使用します。写真を保存する時にはこれらの指示を保存することになります。つまり、いつでも戻って、以前に設定した指示を削除、追加、または調整することが可能です。

新しいAI 空置き換え

AI 空置き換えを使えば、空はもはや限界ではありません。どんな写真でも簡単に空を定義して置き換え、水の前景と反射オプションのおかげでとても自然な構図になります。また、夕焼け、嵐、夜空など、プリインストールされている空のいずれかを使用して、荒唐無稽な夢を現実の地平線に変換することもできます。

改良AIアクション

編集モードのAIアクションパネルには、ワンクリックで選択できる便利な機能があります: それらはAI被写体選択、AI空選択、AI背景選択、AI背景除去、AI背景ぼかし、AI白黒背景です。AIの改良により、被写体を選択する際に、より正確なエッジが得られるようになりました。また、空を選択するためのまったく新しいAIモデルにより、マスクのディテールが大幅に細かくなり、反射を分離できるようになりました。

新しいAIオブジェクト選択ツール

AIオブジェクト選択ツールを使えば、選択したい複数のオブジェクトの輪郭を大まかに描くだけで、あとはAIに任せられます。このツールは、アウトライン化されたオブジェクトの周囲に正確な選択範囲を自動的に作成するため、手作業でオブジェクトを切り取る手間を省くことができます。

選択ツール


ピクセル ターゲット

[輝度]と[色]の範囲を使用して、異なるトーン、色、および肌の色調をピクセル単位で完璧に選択できます。ピクセルは明るいほど、選択範囲に含まれやすくなります。

形状選択ツール

形状選択ツールを使用して、曲線とコーナーを使用して複雑な選択を行います。

役立つヒント

便利な選択プレビューボタンを使えば、ワンクリックで選択マスクを表示できます。

選択の絞り込み

選択の絞り込みを使用すると、エッジを移動またはソフトにすることができます。スマート消去などのツールに活用できます。

チャンネル選択

画像の色情報チャンネルに基づいた選択やマスクができます。

チャンネルフィルタリング

ターゲットのカラーチャンネルを変更し、編集内容を画像内の既存のカラーチャネルとブレンドします。

選択バスケット

将来の画像やマスクに適用するために、複雑な画像選択を収集して保持します。

役立つヒント

他の部分に影響を与えずに画像の一部をブラシで調整したり、線形グラデーションや放射状グラデーションを使って段階的に調整を適用できます。放射状グラデーションの形状は、直角度スライダでカスタマイズできます。

フォトマージ ツール


パノラマステッチ

写真を結合し、パノラマ画像にします。ヴィネットを取り除くオプションなどで写真の端の部分をきれいにし、写真がうまく結合できるようにします。

ハイダイナミックレンジ (HDR)

高画質マージ画像を作成するための柔軟で強力なHDRツール。ハイダイナミックレンジ(High-Dynamic Range、HDR)を実行して、前景と背景の両方の詳細を引き出します。

焦点合成

焦点距離の異なる画像を組み合わせて、被写界深度の深い画像を作成します。

役立つヒント

フォトマージツール(パノラマ、HDR、フォーカススタック)は、管理モードと編集モードにあります。

ポートレートレタッチツール


改良AI顔編集

完璧に近いポートレートを完璧なものへ!AIパワーで顔を検出し、ハイライトと輪郭を使用して顔の特徴を強化、シミを除去、目や歯を白くするなど、数多くのレタッチができます。目の向き、肌の滑らかさ、輝きを調整する新機能が追加されたAI 顔編集の最新の改良により、究極 2024でのポートレートのレタッチがよりパワフルに、より楽しくなりました!

スキン トーン

スキン調整ツールを使用して、被写体の肌色を均一にしてツヤを与え、明るく滑らかにします。

赤目補正ツール

写真の顔から赤目を自動的に除去します。

修理ツール


ブレンド クローン ツール

ブレンド クローン ツールを使って、ソース領域からターゲット領域にピクセルをコピーします。ACDSee は、ターゲット領域のピクセルを分析し、コピーされたピクセルとブレンドして、最もシームレスな修復を実現します。

ヒール

肌や毛皮などの複雑なテクスチャにヒーリングブラシを使って画像の欠陥を除去します。

クローン

強力でシンプルなテクスチャや均一な色には、クローンブラシを使ってイメージの欠陥を除去します。

スマート消去

スマート消去ツールでなぞれば、不要なオブジェクトをすぐに消すことができます。スマート消去ツールがその領域を自然に塗りつぶします。

役立つヒント

現像モードでの非破壊編集には、[修復] タブの [ヒール]、[クローン]、[ブレンドクローン] ツールを使用します。編集モードで画像をレタッチする場合は、[修復] グループの [ヒール]、[クローン]、[ブレンドクローン]、および [スマート消去] ツールを使用します。

かすみの除去

画像にコントラスト、ディテール、消えた色を復元します。このツールは特に、かすみの中で記録された画像に対して使うと便利です。

ゆがみ

ピクセルを変えるのではなく、ピクセルを動かして画像をレタッチ。

ノイズ除去

高いISO感度設定や長時間露出によって引き起こされたノイズを除去することができます。[輝度]スライダと[トーン]スライダーを使用すると、より大きな結果が得られます。

シャープネス

中〜高コントラストのエッジを強調して、写真をシャープにします。

明瞭度

明瞭度ツールは画像の細部に鮮明度を追加します。このツールを使用して、影とハイライトを強調せずに画像の中間調のコントラストを高めます。

色収差

[色収差]ツールを使ってコントラストの高い輪郭部の色にじみを修正します。

回転と傾きを直す

[編集] モードで、プリセット、あるいはカスタム角度で画像を回転します。画像上に線を描いて直線となる角度を設定します。設定をプリセットとして保存して後から利用できます。

反転

[編集] モードで、画像を上下左右に反転します。

遠近補正

簡単な操作で写真の遠近法を調整して、大きな物体や遠くにある物体が正しいサイズになるようにします。

歪み補正

写真のバーレル、ピンクッション、魚眼の歪みを修正します。

改良改善されたレンズ補正

使用したレンズに固有の歪みを補正する修正を適用してバーレルやピンクッションの歪みを自動的に修正します。対応レンズには新しいレンズが追加されています。

色補正ツール


ホワイトバランス

瞬時に写真に暖かさや冷たさを加えたり、ホワイトバランスツールを使用して画像から不必要な色相を除去したりできます。

カーブ

カーブツールを使って、画像の色調範囲を変更します。RGBカラーチャンネルを選択して画像の全範囲を調整するか、特定の色を選択します。カーブポイントの数値表示や、カーブ上のポイントの追加・削除により、正確なカーブコントロールが可能です。

カラーホィール

画像全体の正確な色に焦点を合わせて、新しいレベルの精度で調整します。灰色の空と鈍い反射を正確に明るくします。

トーンホイール

ユーザーフレンドリーなトーンホイールにより、ハイライト、ミッドトーン、シャドウのスプリットトーンが簡単になります。

カラーLUT

ACDSee に搭載のカラーLUTを使用して、画像をシームレスにカラーグレードしたり、LUTをインポートして非破壊フィルタとして適用したりします。

カラーEQ

[カラー EQ (色相、彩度、コントラスト、明るさ)] ツールを使用して、画像全体の色または個別の色を調整します。高度なカラーツールは微調整やカラーの強調を行うために、あるいは画像上の各カラーを大幅に変更するために使用します。

スプリットトーン

スプリットトーンを使用すると、非破壊的な編集でシャドウとハイライトに色を付けることができます。

モノクロ

モノクロモードでは、個々の色のコントラストを増減して、コントラスト調整の対象となる明るさの範囲を指定します。

ライトツール


Light EQ™

画像内の他の領域に影響を与えることなく、画像の暗すぎる、あるいは明るすぎる領域を調整します。また、暗すぎる領域を明るく、明るすぎる領域を暗くすることを、同時に行うことができます。

露出

[露出] ツールを使用して、画像の露出、コントラスト、ガンマを自動または手動で調整します。編集ブラシまたはグラデーションツールを使用して、画像の特定の領域を指定し、露出調整が行われる場所を制限します。

コントラスト

特定の色調でコントラストを調整し、正確な輝度範囲をターゲットにして、ハイライトまたはシャドウのコントラストの細部を引き出します。

覆い焼きと焼きこみ

覆い焼きと焼きこみツールを使用して、他の部分には影響を与えずに、写真の一部を明るくしたり暗くしたりします。このツールは、露出不足の部分を明るく、露出過多の部分を暗くする場合に良く使われます。

レベル

レベル ツールを使用して、画像のコントラストや明るさのレベルを正確に調整します。

自動修正

画像の露出レベルを自動的に修正します。[自動修正]は、画像で最も暗いピクセルをより暗く、最も明るいピクセルをより明るく調整します。

レイヤー画像編集


レイヤーマスク

レイヤーマスクを使った合成画像の作成。カラー画像をコピーし、輝度マスクとして調整レイヤーを含む他のレイヤーに貼り付けます。

調整レイヤー

調整レイヤーを使用して、露出、レベル、カーブ、ホワイトバランス、スプリットトーン、グラデーションマップなどを変更します。ワンクリックで画像からネガを作成します。

レイヤー効果

画像とテキストレイヤーの間に、内側からの輝き、シャドウ、射角枠、輪郭線、またはぼかしを追加します。

ブレンドモードと不透明度

オーバーレイや乗算などの25種類のブレンドモードから選択し、最終的な画像に影響を与えるレイヤーの不透明度を調整します。

役立つヒント

画像を.acdcファイルとして保存すると、レイヤーが保持され、将来非破壊で調整できるようになります。

アクション

編集プロセスを記録してアクションを作成し、アクションを分類して管理します。125以上のプリロードされたアクションを複数の画像に一括適用できます。

周波数分離

画像を高周波レイヤーと低周波レイヤーに分離して、ディテールを維持した状態で欠陥を除去します。

レイヤー カラーLUT

カラフルな調整レイヤーの無限の組み合わせを使って、自分だけのLUTを開発します。LUT を編集モード フィルター、現像モード フィルター、または追加の調整レイヤーとして使用します。

レイヤーの複数選択

画像のグループをレイヤーペインに引き出し、1つ、または複数選択します。

レイヤーの整列とブレンド

バーストで撮影された画像のレイヤーを自動調整または自動ブレンドして、被写体の最適なバージョンを実現します。

ルーラーとガイドライン

カスタマイズ可能なルーラーとガイドラインにより、レイヤー、テキスト、オブジェクトの配置が簡単になります。レイヤーをガイドラインに合わせます。必要なだけガイドラインを配置します。寸法、色、可視性の単位を操作します。

キャンバスのサイズ変更

キャンバスのサイズを変更してレイヤ-化されたコンテンツの周りに拡大したり、無制限の写真操作のために無地の背景を追加したりします

ジオメトリ

移動しながら、オブジェクト、テキスト、画像をキャンバスの上部、下部、側面、または角にスナップします。正確な位置決めのためにグリッドを表示します。

役立つヒント

ACDSeeのGPU アクセラレーション レイヤーエンジンと調整レイヤー、および高速フィルタアプリケーションの優れたパフォーマンスにより、高速処理が可能になります。

クリエイティブツール


改良編集ブラシ

フロー、不透明度、ジッターの新しいオプションにより、編集モードでのブラシツールの使用がより自然に、より正確に感じられるようになりました。フローコントロールでは、ブラシが蓄積される速度を調整でき、各ストロークの強さを強めたり弱めたりできます。不透明度コントロールでは、ブラシの強さに厳しい制限を設定でき、シェイプとカラージッターの設定では、すべてのストロークにランダム性を加えることができます。

グレインツール

新しいグレインツールを使って、画像にクールでビンテージな外観を与えましょう。グレインを追加すると、画像に質感と深みを与えることができ、さまざまな方法で写真を改善できます。ピントが合っていない写真の場合、グレインを追加するとことで画像のディテールが増し、見やすくなります。

ぼかし

写真にさまざまな種類のぼかしを適用します。

特殊効果

鉛筆画、コラージュ、Bob Rossスタイルの絵画など、画像をユニークな外観に変えることができるさまざまな特殊効果を使用して、写真を瞬時に変換します。

チルトシフト

チルトシフト効果とは、写真の一部を強調したり、実際の風景をミニチュアのように写した画像を作成したりするものです。

縁取りの追加

お気に入りの写真に縁取りを付けます。作品に合わせて色やテクスチャ、厚みをカスタマイズしましょう。

ヴィネットの追加

ヴィネットを追加したり、サイズ、色、不透明度を調整したりして、写真の雰囲気を整えましょう。

テキストツール

フォント、サイズ、色、スタイル、位置調整、不透明度などをカスタマイズしながら、最終的な合成画像のためのレイヤ-、ブレンド、エフェクトの追加を行います。独自のテキストパスを作成。カーブに沿って書いたり、シェイプに沿って書いたり、カスタマイズ可能なフレーム内で更新されるダイナミックなテキストレイヤーを追加したり。デジタル写真の広告や挿入物に最適です。

ポスタライズ効果

ポスタライズ調整レイヤーを適用して、画像の明るさレベルの数を減らします。この値が小さいほど、画像に使用される色の数が少なくなります。

ノイズ追加

残したいディテールを保持しながら、写真にノイズを追加できます。

ディテールブラシ

ディテールブラシを使用して、写真の重要なディテールを累積的に強調し、他のディテールを強調から外します。

現像プリセット

60種類以上の現像プリセットを使えば、ワンクリックで素晴らしいルックを作成できます。また、独自の現像プリセットをデザインして、今後の写真にあなたのシグネチャスタイルを適用する時間を節約することもできます。

役立つヒント

导入Photoshopのプラグインをインポートして適用すると、創造性がさらに広がります。 Photoshopからの移行の詳細

編集ワークフローと生産性向上ツール


現像の設定ペイン

現像モードで画像に加えられた調整を表示し、それらの調整をコピーして他の画像に貼り付けたり画像を復元します。これはすべて管理モードや表示モードの便利な機能です。

プリセットと履歴ペイン

編集プロセスを強化するための専用の現像モードペイン。プリセットのライブラリを作成して分類するか、スナップショットを作成して完全な編集履歴を表示します。

プリセットの開発/編集のインポート/エクスポート

プリセットをエクスポートして他の人に配布したり、インポートして他の人の作業や過去に使った処理を楽しんだりできます。

インポート/エクスポート アクション

便利な圧縮パッケージとしてアクションをエクスポートして他のユーザーとアクションを共有したり、友人が作成したアクションを受け取って、記録されたアクションの無限の創造性を楽しんでください。

ACDSeeを選ぶ理由?

ACDSeeは30年にわたり、あなたの生活をより快適にするソフトウェアの開発に取り組んできました。今年リリースされたACDSee 写真館 2024も例外ではありません。

競合製品の比較を見る

2024 究極 へのアップグレード

ACDSee 写真館究極の旧バージョンからのアップグレードですか?acdIDアカウントにログインして、限定アップグレード価格を表示してください。アップグレードする理由? アップグレードする理由?

ログイン

システム要件

ソフトウェアの有効化には、有効な電子メール アドレスとインターネット接続が必要です。

Intel® または AMD プロセッサ 64ビットサポート
Intel i5 以上を推奨
4GB RAM (8GB RAM 推奨)
512 MB ビデオ RAM (VRAM)
DirectX 10 互換グラフィックアダプタ
1280 x 800 ディスプレイ解像度 (1920 x 1080 推奨)
4GB のハードディスクの空き容量

Windows® 10(64 ビット版のみ)および Windows® 11
Microsoft ® Edge ®
Microsoft® DirectX® 10 以上
Windows Media® Player 9.0
Microsoft® Office 2010 以上

30 日間の返金保証

弊社の 30 日間の返金保証では、製品にご満足いただけない場合にご連絡いただけば、ご購入いただいた ACD Systems の製品の全額を返金いたします。