写真館 2024 究極

AIを活用したファイル管理と写真編集

ACDSee 写真館 2024 究極 は、あらゆるレベルのフォトグラファーやクリエイターのための完全ソリューションです。このソフトウェアは、最小限の労力と最大限のコントロールで写真を整理、検索、編集できるように、時間の節約を重視すると同時にローカルの人工知能(AI)によって強化された、新改良の機能をフルに搭載しています。

写真館 2024 の新機能とは?

ACDSee 写真館 2024 究極 で、より少ない作業でより多くのことを実現しましょう。今年のリリースには、より快適に作業できる、新改良の人工知能機能が満載されています。AIキーワードを使用すると、手動でキーワードを割り当てたり、何千枚もの写真から完璧な1枚を探し出したりする手間を省き、これまで以上にすばやく写真を検索することができます。現像モードに追加されたAI被写体選択、AI背景選択、AI空選択で、画像の複雑な選択がワンクリックで可能に。新しいAI空置換を使えば、魅力的なシーンをあっという間に作成できます。また、編集モードでは、新しいAIオブジェクト選択ツールで複雑な選択を行うことができます。ポートレートのレタッチも、目の方向をより自由にコントロールできるようになり、AI顔編集では肌の調整項目が追加されました。これらすべてと、写真館 究極のローカルでサポートされるAIの全体的なパフォーマンスの向上により、あなたのワークフローは完璧なものになります。

すべての新機能を見る

新しい AIスカイ・リプレイスメントで地平線の彼方へ

AIスカイリプレイスメントを使えば、空はもはや限界ではありません。どんな写真でも簡単に空を定義して置き換えることができ、前景や水面の反射オプションで自然な構図に仕上がります。夕焼け、嵐、夜空など、プリインストールされている空の中から1つを選んで使えば、荒唐無稽な夢を現実の地平線に変えることもできます。

新しい AIキーワード

手間いらずのAIキーワードで、これまで以上にすばやく写真を検索して見つけることが可能になりました。キーワードを割り当てたり、完璧な写真を探したりする手間が省けます。ビーチに行ったときの写真を「ビーチ」で検索するだけで、簡単に見つけることができます。

新しい AIオブジェクト選択ツール

AIオブジェクト選択ツールを使えば、選択したい複数のオブジェクトの輪郭を大まかに描くだけで、あとはAIにお任せ。このツールは、アウトライン化されたオブジェクトの周囲に正確な選択範囲を自動的に作成するので、手作業でオブジェクトを切り抜く手間だけでなく時間も節約できます。

改良 ブラシの編集

フロー、不透明度、ジッターの新しいオプションで、ブラシをさらにコントロールできます。フローは1ストロークあたりのブラシのエフェクト量を設定し、不透明度は表示されるエフェクトの最大量を設定します。ジッターはブラシにランダム性を加え、より有機的な結果を生み出します。

改良AI顔編集はあなたのポートレートレタッチアシスタントです

完璧に近いポートレートを完璧なものへ!AIパワーで顔を検出し、ハイライトと輪郭を使用して顔の特徴を強化、シミを除去、目や歯を白くするなど、数多くのレタッチができます。目の向き、肌の滑らかさ、輝きを調整する新機能が追加されたAI 顔編集の最新の改良により、究極 2024でのポートレートのレタッチがよりパワフルに、より楽しくなりました!

新しい AIマスキング

AI被写体選択

AI背景選択

AI空選択

現像モードの新しいAIマスキングツールを使って、RAWファイルを含む画像の編集時間を大幅に短縮できます。一新されたマスキングパネルには、写真の被写体、背景、空を自動的にマスクする新しいオプションが用意されています。新しいパネルには、従来のブラシ、リニアグラデーション、放射状グラデーションツールも含まれており、効率的なマスク管理が可能です。これらのマスクを使用すると、元のファイルを保持しながら、写真の特定の部分を簡単に編集できるため、非破壊で写真の魅力を最大限に引き出すことができます。

レイヤー画像編集

レイヤーを使って、創造性を発揮しましょう!画像、テキスト、シェイプ、AI 編集ツール、レイヤーマスク、ブレンドモードなどを使って、写真を微妙に強調したり、大幅に変更したり、アーティスティックな構図を構築したり、思いつく限りのレイヤーマジックを作成できます。ワンクリックで被写体や背景を分離できるように設計されたAIアクションは、あなたの写真をありきたりで面白みのないものから信じられない程素晴らしいものへと変化させる編集を即時に可能にします。

RAW写真の編集

直感的で非破壊的なRAW写真編集が思いのまま。現像モードの新しいマスキングパネルのおかげで、選択範囲の作成と管理がすばやく効率的に行えます。現像ブラシ、リニアグラデーション、放射状グラデーションといったおなじみの選択ツールに加え、ワンクリックで使用できる新しいAI選択ツール、AI被写体、AI背景、AI空も用意されているので、複雑な選択も思いのままです。選択マスクはいつでも微調整でき、画像の選択部分にさまざまな調整を適用できます。カラーホイールやトーンホイール、Light EQ™、ノイズリダクションなどのツールを使えば、色の補正、ライティングの修正、修復、画質の復元を、元の画像に永久的な変更を加えることなく行えます。非破壊パラメトリック編集について詳しくは、こちらをご覧ください。

デジタルアセット管理

整理、並べ替え、検索、共有など、写真ワークフローを完全にマスターするために必要なすべてを指先ひとつで。画像のアップロードやインポートは不要です。ACDSeeに表示されるフォルダやファイルは、ハードドライブ上の実際のフォルダやファイルです。新しいAIキーワード機能は、人工知能を使って写真をスキャンし、その内容に基づいて自動的にキーワードを追加します。AIによる顔認識機能は、写真に写っている顔を見つけ、名前を付けることができます。どの顔にどの名前を付ければいいかは、ソフトウェアが即座に学習するので、面倒な手作業のスキミングといった無駄な時間も省くことができます。人物モードでは、顔の結合、名前の変更、削除を簡単に行うことができます。また、AIアシスタントが提案する一括ラベル付けをすばやく承認または拒否することで、名前のついていない似たような顔に名前をつけることもできます。評価、タグ、カテゴリ、キーワード、位置情報、カスタマイズ可能なカラーラベル、その他のメタデータを追加して、写真をさらに整理できます。重複の検出や名前の一括変更などで、コレクションを効率化。高度なAND/OR検索、クイック検索、動的なカテゴリとキーワードリストのフィルタリングなどの強力な検索機能により、最小限の労力で探しているものを正確に見つけることができます。

ACDSee Mobile Sync

ACDSee Mobile Syncほど、iPhoneからパソコン/Windowsベースのコンピューターに写真やビデオを転送する最も簡単な方法は他にありません。ACDSee Mobile Syncを使うと、モバイルデバイスからACDSee 写真館に写真やビデオをワイヤレスで即座に直接送信できます。画面上のQRコードを携帯電話でスキャンするだけで、コンピューターと簡単に同期できます。iPhoneとAndroidで利用可能なACDSee Mobile Syncアプリは、送信された写真を追跡するため、確認する必要はありません。

PhotoshopとLightroomから乗り換え

Adobeサブスクリプションという罠にはまって負担を感じているものの、ソフトウェアの切り替えに地団駄を踏んでいる方もご安心ください。PhotoshopとLightroomからACDSee 写真館への移行は簡単です。Adobe製品とは異なり、ACDSee 写真館では、手間をかけて写真コレクションをインポートする必要はありません。ACDSeeをハードドライブにインストールして写真のあるフォルダを指定するだけで、ジャグリングや一括処理の実行は不要です。ただインストールするだけで、素晴らしい画像管理・編集環境の準備を整えることができます。

RAW ファイルのサポート

700種類を超えるRAWカメラモデルとクライミングをサポートすることで、新しいカメラテクノロジーと機器に追いつくことがACDSeeソフトウェア開発の試金石となりました。

サポート対象のカメラを確認する

ACDSee ワークショップ

ACDSeeソフトウェアのパワーを活用し、ACDSeeが毎月提供する素晴らしい機能をライブやインタラクティブな環境で活用する方法を学びます。スキルレベルは問わず皆さんを歓迎します!

新規登録

ACDSeeビデオチュートリアル

ACDSeeのビギナーですか?それともエキスパートですか?どちらの場合も、ビデオ チュートリアル リソース センターでヒントやコツ、チュートリアルをご確認ください。

チュートリアル

ACDSeeを選ぶ理由?

ACDSeeは30年にわたり、あなたの生活をより快適にするソフトウェアの開発に取り組んできました。今年リリースされたACDSee 写真館 2024も例外ではありません。

競合製品の比較を見る

2024 究極 へのアップグレード

ACDSee 写真館究極の旧バージョンからのアップグレードですか?acdIDアカウントにログインして、限定アップグレード価格を表示してください。アップグレードする理由? アップグレードする理由?

ログイン

システム要件

ソフトウェアの有効化には、有効な電子メール アドレスとインターネット接続が必要です。

Intel® または AMD プロセッサ 64ビットサポート
Intel i5 以上を推奨
4GB RAM (8GB RAM 推奨)
512 MB ビデオ RAM (VRAM)
DirectX 10 互換グラフィックアダプタ
1280 x 800 ディスプレイ解像度 (1920 x 1080 推奨)
4GB のハードディスクの空き容量

Windows® 10(64 ビット版のみ)および Windows® 11
Microsoft ® Edge ®
Microsoft® DirectX® 10 以上
Windows Media® Player 9.0
Microsoft® Office 2010 以上

30 日間の返金保証

弊社の 30 日間の返金保証では、製品にご満足いただけない場合にご連絡いただけば、ご購入いただいた ACD Systems の製品の全額を返金いたします。