全機能の一覧

デジタル資産の管理と生産性

顔認識と顔検出の機能向上

顔検出と顔認識のツールが写真内の人物を検出するため、名前を割り当てて素早く検索できるようになります。ACDSee はどの顔にどの名前を付けるかを即座に学習し、必要に応じて該当しそうな候補の提示を行います。

キーワード管理の改善

ACDSeeには、クイック キーワードの各種セットが使えるように、あらかじめ設定されています。キーワード リストをエクスポートして、他のユーザーと共有できます。既存のキーワード リストをインポートすることで、手動入力の時間を大幅に節約できます。

重複ファインダーの改良

さまざまなフォルダやロケーションから重複を見つけます。検出された重複を名前変更または削除して、ファイル コレクションを整理します。

複数の画像バスケット

ハードドライブ全体から画像とメディア ファイルを収集して保持する画像バスケットを最大 5 つまで作成できます。個々の画像バスケットに名前を付け、コンテンツを簡単に表示、編集、または共有するために利用します。

クラウドアクセス

Dropbox™ または OneDrive™ を介してチームからファイルを取得したり、管理モードでクラウド同期ルート ドライブに直接アクセスして既存の作業をバックアップします。

一括変換の改良

便利で容易にアクセスできる 1 つのダイアログから、大量のファイルを他のフォーマットに変換します。

PDF サポート

PDF の表示、ナビゲート、印刷。重要度に基づいて PDF を選別し、ランク付けします。役に立っていないものを破棄したり、クラウドにバックアップします。

スライダーの外観の改良

洗練されたモダンなスライダーで、調整をより細かく制御できるようになっています。

アクション

編集処理を記録してアクションを作成し、アクションを分類・管理し、予め搭載された 125 以上のアクションを複数の画像に一括適用します。

インポート/エクスポート アクション

便利な圧縮パッケージとしてアクションをエクスポートして他のユーザーとアクションを共有したり、友人が作成したアクションを受け取って、記録されたアクションの無限の創造性を楽しんでください。

自動切り替え

メタ データを追加すると、ACDSee は自動的に次の画像に進みます。これにより、キーボードから手を離さずにフォルダ全体を整理できます。

外観

ACDSee Photo Studioは完全にカスタマイズ可能です。ワークフローの効率を向上させるために、ペインとツールバーを好きな場所で切り離し、移動、スタック、ドッキング、非表示にすることができます。

写真モード

写真モードを使用して、画像コレクション全体を日付別に表示します。カタログ化された画像は、その画像の EXIF データで表示される撮影日順で表示されます。

表示モード

表示モードを使用して、スライドショーで画像を表示したり、大きな画像を回転したり、ビデオとオーディオファイルを再生したり、顔を検出して名前を割り当てたりします。

管理モードでカスタマイズ可能なキーボード ショートカット

ワークフローのあらゆる段階で使えるホット キーで、処理をすばやく片付けられます。

現像の設定ペイン

現像モードで画像に加えられた調整を表示し、それらの調整をコピーして他の画像に貼り付けたり画像を復元します。これはすべて管理モードや表示モードの便利な機能です。

現像と編集プリセットのインポートとエクスポート

プリセットをエクスポートして他の人に配布したり、インポートして他の人の作業や過去に使った処理を楽しんだりできます。

マップ機能

写真に撮影場所の情報を追加することができます。場所の情報はいつでも呼び出し、表示することができます。マップを使って、ファイルのグループを選択して次のワークフローに移ったり、写真を選択して表示モードで表示したりします。

RAW ファイルのサポート

予めサポートされている500以上のカメラモデルで、RAW画像を完全に編集制御します。

ACDSee Mobile Sync

写真やビデオをモバイル デバイスから ACDSee Photo Studio にワイヤレスで瞬時に直接転送できます。このアプリは、iPhoneとAndroidで利用可能です。

Photoshopプラグイン

Photoshopのプラグインをインポートして適用すると、創造性がさらに広がります。

互換性

最も人気のあるすべての画像フォーマットで包括的なサポートをお楽しみ頂けます。ACDSeeは、包括的なカラーマネージメントも提供します。

パフォーマンス

素早い起動ですぐに仕事に取り掛かれます。高速フィルタアプリケーションの優れたパフォーマンスにより、ACDSeeは高速処理を可能にします。

HEIF のサポート

ACDSee Photo Studio で、HEIF ファイル(画像と画像シーケンス用の高効率メディア コンテナフォーマット)をデコードします。

写真編集ツール

ブレンド クローン ツール

ブレンド クローン ツールを使って、ソース領域からターゲット領域にピクセルをコピーします。ACDSee は、ターゲット領域のピクセルを分析し、コピーされたピクセルとブレンドして、最もシームレスな修復を実現します。

赤目補正ツール

写真の顔から赤目を自動的に除去します。

修整ツール

手間のかかる指定色修正やブレンドを行わなくても、画質を落とすことなくシミや傷を除去できます。

スマート削除

スマート削除ツールでなぞれば、不要なオブジェクトをすぐに消すことができます。スマート消去ツールがその領域を自然に塗りつぶします。

スキン トーン

スキントーンツールを使用して、被写体の肌色を均一にしてツヤを与えると同時に、明るく滑らかにします。

色収差

色収差ツールを使ってコントラストの高い輪郭部の色にじみを修正します。

透かしを追加

適用可能な透かしを使って、自分の作品を自分のものとして主張します。ワンクリックで透かしを複数の写真に一括で適用することで時間を節約できます。

枠の追加

お気に入りの写真に枠を付けます。作品に合わせて色やテクスチャ、厚みをカスタマイズ。

ヴィネットの追加

ヴィネットを追加したり、サイズ、色、不透明度を調整したりすれば、写真の雰囲気が完全なものに。

特殊効果

鉛筆画、コラージュ、Bob Rossスタイルの絵画など、画像をユニークな外観に変えることができるさまざまな特殊効果を使用して、写真を瞬時に変換します。

チルトシフト

チルトシフト効果とは、写真の一部を強調したり、実際の風景をミニチュアのように写した画像を作成したりするものです。

グレイン ツールの追加

グレイン ツールを使うことで画像に昔ながらのフィルム写真のような見た目を与えます。

回転

[編集] モードで、プリセット、あるいはカスタム角度で画像を回転します。設定をプリセットとして保存すれば後から利用できます。

反転

[編集] モードで、画像を上下左右に反転します。

トリミング

トリミング ツールを使用して、画像の不要な部分を除去したり、画像キャンバスを特定のサイズに縮小したりします。

透視の補正

簡単な操作で写真の遠近法を調整して、大きな物体や遠くにある物体が正しいサイズになるようにします。

歪み補正

写真のバーレル、ピンクッション、魚眼の歪みを修正します。

レンズ補正

使用したレンズに固有の歪みを補正する修正を適用してバーレルやピンクッションの歪みを自動的に修正します。

サイズ変更

[サイズ変更] ツールを使用して、ピクセル、比率、出力/印刷サイズに合わせて画像のサイズを変更します。画像のサイズを変更する際に、縦横比およびリサンプルリング フィルタを指定して、サイズ変更後の画像の外観を調整することも可能です。

ゆがみ

無制限の写真操作のために、ピクセルを変更せずにピクセルを移動して画像をレタッチします。

露出

[露出] ツールを使用して、画像の露出、コントラスト、ガンマを自動または手動で調整します。編集ブラシまたはグラデーションツールを使用して、画像の特定の領域を指定して、露出調整が行われる場所を制限します。

コントラスト

特定の色調でコントラストを調整し、正確な輝度範囲をターゲットにして、ハイライトまたはシャドウのコントラストの細部を引き出します。

レベル調整

レベル調整 ツールを使用して、画像のコントラストや明るさのレベルを正確に調整します。

自動レベル

画像の露出レベルを自動的に修正します。自動レベルは、画像で最も暗いピクセルをより暗く、最も明るいピクセルをより明るく調整します。

トーンカーブ

カーブ ツールを使用して、画像のトーン レンジを変更します。RGB カラー チャンネルを選択するか、特定の色を選択して、画像全体のトーン レンジを調整します。トーンカーブ上のポイントを削除して、完全制御することもできます。

Light EQ™

画像内の他の領域に影響を与えることなく、画像の暗すぎる、あるいは明るすぎる領域を調整します。また、暗すぎる領域を明るく、明るすぎる領域を暗くすることを、同時に行うことができます。

かすみの除去

画像にコントラスト、ディテール、消えた色を復元します。このツールは特に、かすみ越しに撮影された画像に対して使うと便利です。

覆い焼きと焼きこみ

覆い焼きと焼きこみツールを使用して、他の部分には影響を与えずに、写真の一部を明るくしたり暗くしたりします。このツールは、露出不足の部分を明るく、露出過多の部分を暗くする場合にしばしば使用されます。

ホワイトバランス

瞬時に写真に暖かさや冷たさを加えたり、ホワイトバランスツールを使用して画像から不必要な色相を除去したりできます。

カラーEQ

[カラー EQ (色相、彩度、コントラスト、明るさ)] ツールを使用して、画像全体の色または個別の色を調整します。アドバンス カラー ツールは微調整やカラーの強調を行うために、あるいは画像に見られる各カラーを大幅に変更するために使用します。

カラーバランス

[カラーバランス] ツールを使用して、画像の色の値を調整します。個々の色の鮮やかさ、彩度、色相、明度、および RGB チャンネルを調整します。

モノクロ

モノクロモードでは、個々の色のコントラストを増減して、コントラスト調整の対象となる明るさの範囲を指定します。

カラーLUT

ACDSee に搭載のカラーLUTを使用して、画像をシームレスにカラーグレードしたり、LUTをインポートして非破壊フィルタとして適用したりします。

シャープネス

中〜高コントラストのエッジを強調して、写真をシャープにします。

ぼかし

写真にさまざまな種類のぼかしを適用します。

ノイズ

細部を残しながら写真のノイズを追加または除去します。

明瞭度

明瞭度ツールは画像の細部に鮮明度を追加します。明瞭度ツールを使用して、影とハイライトを強調せずに 画像の中間調のコントラストを高めます。

詳細ブラシ

詳細ブラシを使用して、写真の重要な詳細を累加的に強調し、その他を目立たなくします。

現像モード ブラシ

他の箇所に影響を与えずに画像の一部を調整したり、線形や放射状のグラデーションで段階的に調整を適用したりします。

スプリットトーン

スプリットトーンツールを使用して、シャドウとハイライトをそれぞれ着色することができます。

明度選択

画像の明るさに基づいて選択範囲を作成します。ピクセルは明るいほど、選択範囲に含まれやすくなります。

ピクセル ターゲット

肌のトーンなど、画像内の特定の明るさ範囲や色を対象に選択およびマスクします。

多角形選択ツール

多角形選択ツールを使って写真の縁や不規則な形に沿って選択します。

ブレンドモードと不透明度

編集を適用しながらブレンドモードを使用します。オーバーレイや乗算などの25のブレンドモードから選択し、そのブレンドモードの不透明度を調整して、最終的な画像に影響を与えます。

テキストツール

画像にテキストを追加します。フォント、サイズ、色、スタイル、位置調整、不透明度などをカスタマイズします。

アップグレード

システム要件

ソフトウェアの有効化には、有効な電子メール アドレスとインターネット接続が必要です。

ハードウェア

Intel® または AMD プロセッサ 64ビットサポート
Intel i3 以上を推奨
2GB RAM (6GB RAM 推奨)
512 MB ビデオ RAM (VRAM)
DirectX 10 互換グラフィックアダプタ
1024 x 768 ディスプレイ解像度 (1920 x 1080 推奨)
2GB のハードディスクの空き容量

ソフトウェア

Microsoft® Windows® 7 (SP1)、Windows® 8、Windows® 8.1 および Windows® 10 (64 ビット版のみ)
Microsoft® Internet Explorer® 9+
Microsoft® DirectX® 10 以上
Windows Media® Player 9.0

ビルド

13.0.1.1385

日付:2020/03/11

ファイルサイズ:234 MB

ダウンロード リリースノート

30 日間の返金保証

弊社の 30 日間の返金保証では、製品にご満足いただけない場合にご連絡いただけば、ご購入いただいた ACD Systems の製品の全額を返金いたします。