メディアパネルと制作ツール

マルチモニター編集

複数ディスプレイ上でスムーズなワークフローを体験しましょう。プロジェクトをフルスクリーン表示しながら、別のモニターでツールを手元で操作できます。

ホーム画面

再設計されたホーム画面では、新しい録音を開始したり、新しいプロジェクトに挑戦したり、最近のプロジェクトを開いて前回の続きから再開したりできます。

カスタマイズ可能なワークスペース

ポップ、スナップ、あらゆるパネルを思いのままに並べ替えます。カスタマイズ可能なワークスペースであなたの作業効率を最大化しましょう。

キーボードショートカット

デフォルトのキーボードショートカットを使用するか、キーボードショートカットマネージャーを使って独自のショートカットを作成し、自分の好みに合わせて変更することができます。

編集前のソースファイル

タイムラインに配置する前に、ソースからファイルを直接閲覧・編集します。

メディア検索

新しいメディアパネルの検索バーを使用して、ファイル名でメディアを検索します。

メディアの再リンク

コンピューター上で新しい場所に移動したメディアアセットを、再インポートすることなく再リンクします。

共有メディア

共有メディアフォルダによく使うメディアファイルを追加することで、インポートせずにいつでもアクセスできるようにして、効率性がアップします。

メディアサンプル

ビデオ、オーディオ、画像のサンプルなど、プリインストールされている多種多様なメディアサンプルからお選びください。

画像ファイルサポートの改善

JPEG、PNG、BMP、GIF、HEIC、そして今バージョンからはDNG、TIFFまでに対応した静止画像のサポートにより、特別なイベントやトレーニングのためのスライドショーを簡単に作成することができます。

パックマネージャー

LUXEA プロ 7アプリ内でコンテンツパックと言語パックをインストールして管理します。

言語パック

LUXEA プロ ビデオエディター 7では、アプリケーションを再インストールすることなく、複数の言語をサポートするようになりました。

コンテンツパック

個性的でクリエイティブ、かつ魅力的なリソースを動画に追加します。ロイヤリティフリーの画像、ビデオ、オーディオ、テキストスタイルのプリセット、ビヘイビアー、オーバーレイのライブラリをインポートします。

メディアを整理する

追加したメディアをファイル名、ファイルサイズ、メディアタイプ、または再生時間、更新時間で並べ替えます。

メディアプレビュー

タイムラインに追加する前にメディアをプレビューします。

ビデオファイルサポート

プロジェクトにAVI、MP4、WMV、FLV、MOV、TS、MTS、M2TS、ASF、M4V、MPG、およびMPEGファイルを追加して、ビデオを作成します。

オーディオファイルサポート

WMA、MP3、AAC、WAV、AC3、OGG、M4Aファイルなどのオーディオファイルをメディアライブラリに追加して、ビデオに最適なサウンドトラックを作成します。

LUXEA プロ ビデオエディター 7を今すぐお試しください!

15日間の無料体験版。クレジットカードは不要です。

無料体験版

録音ツール

再設計されたレコーダーインターフェース

コンパクトなデザインと、ファイルサイズのリアルタイム表示やビデオリストなどの新機能で、録画を効率化。

自動停止録画

プロジェクトニーズに合わせて、録音時間と音質を制御するだけでなく、録音時間またはファイルサイズに応じて自動的に録音を停止したり、録音完了時にコンピュータをスリープまたはシャットダウンさせたりできるようになりました。

オーディオ録音の改善

マイクを使ってナレーションやサウンドを録音し、ビデオプロジェクトに組み込むことができます。録音した音声は、タイムライン上にリアルタイムで表示されます。

マウス/カーソルエフェクトの改善

画面録画中のマウスクリックにアニメーションとサウンドを追加して、視聴者がフォローしやすいようにしましょう。今バージョンから、録画中は常にカーソルをハイライト表示できるようになりました。

画面録画

ワイドスクリーンまたはカスタムサイズで、システムオーディオおよび音声録音の有無にかかわらず、最大120フレーム/秒で画面を録画できます。必要に応じて一時停止しや再開をして、録画用のホットキーをカスタマイズして、素早くかつ効率的に動画を制作できます。

ターゲット画面録画

マウスのワンクリックでスクリーン録画するウィンドウを選択します。

シングル入力録音

一度に1つの入力のみから録音するオプションで、ビデオなしでオーディオをキャプチャしたり、その逆も可能です。

リアルタイムMP4作成

レコーダーは、ビデオとオーディオをキャプチャーしながらエンコードするので、記録から編集まですぐに移動できます。

ウェブカメラ対応

ウェブカメラを使って簡単にビデオを録画し、カスタマイズ可能なビューアを画面上で見て、正しいものがフレーム内に収まっているかを確認しましょう。

編集ツール

キーフレーム

メディアにキーフレームを適用することで、不透明度、位置、拡大縮小、XYZ軸回転、およびクロッピングなどのプロパティを正確に制御できます。キーフレームを使用して、オーディオレベル、チャンネルの音量、バランス、およびピッチも制御することができます。

マスキング

様々な形状のマスクから選択して、メディアの一部を隠しましょう。マスクの端をフェザー化することで、より柔らかな効果を得ることができます。これは ダブルエクスポージャー効果に最適です。

スピードランプ

スピードランプを使用してスローモーションとハイスピードフッテージの間のトランジションを簡単に。

逆再生

メディアクリップを前後に再生して、不可思議なビデオシーケンスを作成しましょう。

リップル編集

リップル編集ツールを使って、タイムライン上のメディア間にギャップを残さずにクリップのスピードを調整しましょう。

オーディオメーター

タイムライン上の新しいオーディオメーターで、オーディオレベルを視覚的にモニターしましょう。

オーディオ編集の改善

オーディオ全体のボリュームをコントロールしたり左右のチャンネルのボリュームを独立させたりできます。オーディオをパンして音に動きを出したり、ピッチを変えて不気味なサウンドや楽しいサウンドにしたり、クラシック、カントリー、ラップなどのイコライザーのプリセットを使用してサウンドを強化することも可能です。ワンクリックでオーディオとビデオを分離できます。

改良されたキャプション

テキストを使って視聴者とつながりましょう。プロジェクトにキャプションを追加することで、アクセシビリティを高めたり、オーディオの翻訳を提供したりできます。タイムコードの追加したり、スタイリングと位置のコントロール、SRTファイルからのキャプションの読み込みが可能になりました。

無限のトラック

音声、動画、画像を好きなだけトラックに重ねて配置します。背景色やメディアの透過性を調整してレイヤー階層を作成しましょう。

グリーンスクリーン/クロマキー対応

被写体を好きな場所に配置できます。グリーン スクリーンや選択した色を削除し、他のビデオや静止画を重ねて独自の背景を作成します。

分割、カット、コピー、貼り付け

タイムラインツールバーには、クリップの完璧なシーケンスを作成するのに最適な最先端の編集ツールが提供されています。

タイムラインマーカー

内蔵のセットポイントにスナップ機能で、トラック間の整列が簡単に。 ダブルエクスポージャー効果に最適です。

タイムラインコントロール

メディアに合わせてタイムラインを拡大縮小し、大きな画像を見てみましょう。2回のクリックでメディアを回転させたり、完成したフィルターをタイムライン上でメディアからメディアへ直接コピー&貼り付けできます。

メディアを回転

X、Y、Z軸でメディアを回転させるか、矢印ハンドルをドラッグしてメディアの方向を変更します。

位置

X値、Y値、または両方を使ってメディアの位置を設定したり、クリップを表示領域内から所定の位置にドラッグします。

カラーパス

重要な色にフォーカスします。目立たせたい色を選択し、残りのクリップをグレースケールに落とし込みます。

カラーLUT

映画のようなLUTを無限に読み込んで適用し、ショットをカラーグレーディング。不透明度スライダを使って簡単に強度をコントロールできます。

テキストツール

28の異なるスタイルのいずれかでテキストを追加して、ビデオを充実させます。フォント、色、配置、方向、フォーマットをカスタマイズして、独自のプリセットを作成します。

トランジション

トランジションを追加することにより、スムーズなシーンとトピックの変更を作成します。目的の場所にドラッグアンドドロップし、ドラッグして長さをカスタマイズするだけです。

オーバーレイ エフェクト

雪が必要ですか?ライトリーク(光漏れ)はいかがですか?カウントダウンは?さまざまなオーバーレイ効果を簡単に映像に重ねたり、映像の前後に挿入したりできます。

行動

クリップの最初、途中、最後をアニメーションにするユニークなビヘイビアで、ビデオのスタイルと動きを完璧に仕上げます。

モーション&外観フィルター

モーフィング、エンボス、ミラーリング、シェイク、ぼかし、調整などを行うことができるフィルターを使ってクリエイティブに。

色と鮮明度フィルターオプション

鮮やかさを追加し、露出とホワイトバランスを修正し、シャープ化、ぼかし、ビネットの追加などを行います。

モザイクツール

カスタマイズ可能なモザイクツールを使用して、顔やナンバープレート、機密情報などをぼかします。

クリップの長さ

メディアのスピードと全体的な長さをコントロールします。

フレーム率

最大60フレーム/秒のサポートにより、ビデオとトランジションがよりスムーズになり、より豊かな視聴体験を提供します。

ブレンドモードと不透明度

オーバレイや乗算などの25のメディアブレンドモードから選択し、そのメディアの不透明度を調整して、最終的な結果を整えます。

透かしツール

透かしを追加しその位置と透明度をカスタマイズして、ビデオコンテンツの所有権を確立します。

トラックのロックと非表示

タイムライン上のトラックをワンクリックで簡単にロック・ロック解除したり表示・非表示します。

ダイナミックなプロジェクト表示領域

サイズ変更が可能な表示領域で、編集中のビデオをプレビューできます。コンテンツを移動しサイズを変更したり、自動的に収まるように設定します。表示領域の背景色や位置、サイズをカスタマイズします。

プロキシ プレビュー

最終作品の品質に影響を与えることなく、再生の品質を下げ、編集を迅速化し、処理能力を最大化します。

LUXEA プロ ビデオエディター 7を今すぐお試しください!

15日間の無料体験版。クレジットカードは不要です。

無料体験版

生産と共有ツール

レンダリングプレビューの改善

レンダリング中のプロジェクトをプレビューし、終了したらサウンドでお知らせします。

オーダーメイドのソーシャルメディア出力

YouTubeとVimeoに最適化されたプリセット設定を使用して、エクスポートツール内から簡単に完璧な投稿を作成できます。

柔軟な出力オプション

フレームサイズ、ビットレート、コーデックなどのオーディオとビデオのパラメータをカスタマイズします。設定をカスタムテンプレートとして保存すれば、素早く制作できます。

4Kでの制作

4Kがサポートされているため、フル画質の傑作映画を製作できます。

スナップショット

フリーズ フレームを作成して、特定の瞬間を引き延ばしましょう。ビデオ再生のスナップショットを撮って、利用可能なメディアに追加することもできます。

選択範囲を作成する

セグメントを作成することで、クリップ全体ではなく動画のセクションを制作できます。予告編やティーザー動画に最適です。

GIFとしてエクスポート

ビデオや画像から素早くGIFを作成します。共有しやすい推奨サイズで、GIFの作成がこれまで以上に簡単に。

ハードウェアアクセラレーション

Intel Quick Sync と Nvidia のエンコーディングエンジンサポートによるハードウェアアクセラレーションをお楽しみください。

LUXEA プロ ビデオエディター 7を今すぐお試しください!

15日間の無料体験版。クレジットカードは不要です。

無料体験版

システム要件

ソフトウェアの有効化には、有効な電子メール アドレスとインターネット接続が必要です。

Intel® Core™ i3またはAMD Ryzen™(2GHz以上)
8GB RAM(推奨16GB RAM)
DirectX 10互換グラフィックアダプター
1920×1080表示解像度
4GBの利用可能なハードディスクスペース(HDおよび4Kビデオの編集にはSSDを推奨)

Microsoft® Windows® 7(SP1)、Windows® 8.1、Windows® 10、Windows® 11(64 ビット版のみ)
Microsoft® DirectX® 10 以上

画像フォーマット: JPG、JPEG、GIF、BMP、PNG、HEIC、DNG、TIFF
オーディオ形式: WMA、MP3、AAC、WAV、AC3、OGG、M4A
ビデオフォーマット: AVI、MP4、WMV、FLV、MOV、TS、MTS、M2TS、ASF、M4V、MPG、MPEG

mP4、MOV、MP3、M4V、WebM、GIF"

ビルド

変更ログ

日付: 2024/02/15

ファイルサイズ: 395 MB

ダウンロード リリースノート

日付: 2023/10/25

ファイルサイズ: 395 MB

リリースノート

日付: 2023/10/04

ファイルサイズ: 395 MB

リリースノート

製品ドキュメント

オンラインヘルプ

30 日間の返金保証

弊社の 30 日間の返金保証では、製品にご満足いただけない場合にご連絡いただけば、ご購入いただいた ACD Systems の製品の全額を返金いたします。