特徴比較:Photo Studio Professional

特徴
ACDSee Photo Studio
Professional 2020

ACDSee 写真館
2021 プロ
起動が迅速最大100%、モード切り替えが迅速最大50%、キーワードとカテゴリの操作が最大100%速くなるなど、パフォーマンスの大幅な向上
[カラーホイール]ツールを使用して、色相、彩度、明るさ、コントラストを調整
[トーンホイール]を使用したスプリットトーンのハイライト、ミッドトーン、シャドウ
[アクション]で複数の画像に透かしを追加しながら、相対的な配置をサポート
[アクション]で複数の画像をトリミングしながら、相対的な配置をサポート
拡大、縮小、またはフェザリングによる選択の絞り込み
新しい右側のペインから、現像モードでヒストグラム、プリセット、履歴、スナップショットペインを表示
バッチファイルの名前変更用のプリセットを作成し、キーボードショートカットに割り当て
バッチ画像のサイズ変更用のプリセットを作成し、キーボードショートカットに割り当て
データベースと現在のファイルリストの選択の間のクイック検索の切り替え
GoPro RAWファイル形式のサポート
ACDSee Mobile Syncが、ACDSee 写真館でQRコードをスキャンすることにより、ターゲットを手動で追加することをサポート
F1を押すと、ACDSeeの使用中にオンラインWebヘルプにすぐにアクセス
LightroomとPicasaの顔データをインポート
顔検出と顔認識を使用して写真内の顔を自動的に識別し、顔に名前を割り当て
名前を一回以上割り当てると、顔検出により名前を提案
顔をスキャンする画像のキューを表示・クリア
安全に保管するために画像に顔データを埋め込む
Dropbox™ や OneDrive™ などのクラウド同期ドライブをフォルダー ウィンドウのノードとして表示し、他のフォルダーと同様にクラウド コンテンツをナビゲートすることが可能に
最大 5 つの画像バスケットを作成
重複ファインダーの円滑
クイック キーワードの各種セットを標準設定
キーワード リストのインポート/エクスポートが可能
ソースからターゲット領域にピクセルをコピーし、ターゲット領域を分析して、ブレンド クローン ツールでブレンド
LUT をインポートして現像モード フィルターとして適用することにより、画像を非破壊的にカラー グレード
PDF の表示、ナビゲート、印刷
ブラシオンまたはグレード カラー ブライトニング、色相、コントラスト、彩度、カラー オーバー レイ、トーン カーブ、鮮やかさ、ホワイトバランス
修復グループで利用可能なスマート消去
メタデータを追加または削除すると次の画像に自動的に進む
編集および開発モードで自動的に保存するオプション
管理モードまたは表示モード内から現像モードで画像に加えられた調整を表示
画像の明るさに基づいて選択範囲を作成
HEIFファイルのサポート
ACDSee アクションのインポート/エクスポート
編集および開発モードのプリセットのインポートとエクスポート
モノクロモードで色ごとに輝度とコントラストを調整
プリンターの露出、コントラスト、シャープネスの処理を補正するために利用可能な印刷調整
管理モードのキーボードショートカットはカスタマイズ可能
LUT を編集モード フィルターとしてインポートして適用し、画像をカラー グレード
豊富なデジタル アセット管理ツールが利用可能
非破壊精密編集ツールが利用可能